酸洗いの目的は?

酸洗いの3つの目的とは

酸洗いとは金属表面処理法の1つ。 金属表面加工において発生した表面上の酸化物を硫酸や塩酸などの強い酸で取り除くことです。 目的は大きく分けると3つあります。 1つ目は金属表面のクリーニングです。 熱処理によって変色した部分や、錆、油、不純物全般を除去し、納品する製品の外観品質を高めることです。 2つ目は加工処理前の処理準備です。 表面を少しざらついた感触にし、油分も除去することによりメッキ加工や塗装工程をする前にメッキや塗料の吸着を良くすることです。 3つ目はステンレス製品に皮膜を形成することです。 熱加工や切断加工によって皮膜が破壊されたステンレス製品に皮膜を再形成することによって、ステンレス製品に失われていたステンレス本来の特性を復活させることができます。

酸洗いのメリット・デメリット

金属表面処理法の中には酸洗いの他にも電解研磨や化学研磨などが存在しますが、酸洗いは他の手法に比べてコストが比較的低いです。
さらに酸性の液体に製品を漬けるだけという簡単な工程のおかげで大量生産に向いており、均一に反応させることが可能であるため物理的応力もかからないため製品自体に問題を起こしづらく、大型のものや機械や手が入らない箇所にも液体が侵入し反応を引き起こします。
しかし、デメリットもいくつか存在します。
酸性の液体は皮膚に付着すると炎症を引き起こすため、酸洗いを行う際には特殊な手袋や衣服を身にまとう必要があります。
さらに川に流れると水質汚染を引き起こします。
そのための流出しない仕組みと厳重な設備が必要になります。