酸洗いはどんな処理?

金属製品の汚れを効率的に取り除く作業の詳細

酸洗いは金属製品に生じたサビや油汚れを取り除く洗浄作業です。特に製造設備などの汚れは機械油や煤など様々な汚れが付着している他、サビも混在しているので普通の洗剤では汚れの除去が難しい問題があります。酸洗いは強酸性の薬剤を塗布することで汚れを急速に溶解させ、綺麗に洗い流すことが出来ます。また、ネジの接合部分など微小な所に生じた汚れを残さず除去する際にも酸洗いは適した方法といえます。薬剤がネジの凹凸や接続部分のわずかなすき間に入り込んで汚れを溶解させるので、ブラシで擦る一般的な洗浄方法よりも綺麗に汚れを洗い流すことが出来ます。特に細かい部品を複数組み合わせた構造の機械製品はブラシの毛が入らないわずかなすき間にも汚れが付着しますが、汚れを溶解させる液体の薬剤を使用する酸洗いであれば目に見えない部分の汚れも除去することが可能です。

酸洗いの手順と安全管理

酸洗いを行う際は薬剤を万遍なく塗布するため、金属製品を分解しておくのが一般的です。大型の機械設備はわずかでも汚れが残っていると動作に不具合が生じるので、可動部分はすべて分解するのが綺麗に仕上げるための条件になります。酸洗いは薬剤の作用で汚れを溶解させるのでブラシなどで擦る作業は行いません。そのため、表面に傷を付けたくない金属製品の洗浄に向いています。
酸洗いによる汚れの溶解は薬剤が反応することで人体に有害な蒸気が発生することがあります。皮膚や呼吸器に重大な疾患をもたらす危険があるので、マスクや防護服などを使って人体が有害成分に触れないように注意することが大切です。また、有害な蒸気が作業場に籠るのを防ぐため、十分な換気を行うことを心がけます。