エッチングはどんな処理?

表面をきれいにする仕上げ加工

エッチングとは表面をきれいにする加工方法です。酸性の液体を使った酸洗いという工法が一般的です。酸性の液体が金属を溶かすという性質を利用して表面についた酸化物を取り除いてきれいにします。酸化物を放置した場合、仕上げ工程のメッキ処理をしても初めのうちは光沢を得られるのですが、徐々に酸化物がサビとなって表面に現れてきて不具合の原因になってしまいます。したがって、酸洗いによるエッチングは最終仕上げの前処理として重要な工程なのです。使われる酸性の液体は硫酸や塩酸で人に害を与えてしまいますので取り扱いに注意が必要です。保護具の着用や正しい処分をしなければ労働災害や環境破壊など社会問題を引き起こしてしまいます。

具体的な工程の紹介と用途

酸洗いによるエッチングは単純に酸性の液体につけるだけではありませんよ。たくさんの工程で成り立っており、不要な脂分を取り除く脱脂工程があります。そして、きれいに水洗いをします。次に酸性の液体に浸してその後は水で洗い流し、表面に酸性の液体がついていては人などに害を与えるため中和処理をします。最後の仕上げとして水洗いをして乾燥して終了です。酸化物が除去されてきれいになっていることで腐食されやすい状態です。したがってメッキや防錆処理など腐食しない最終仕上げとセットで行うことがポイントですよ。酸洗いによるエッチングは製鉄所で採用されることが多く、冷間圧延に適用されます。長くて巨大な製品に液体をかけるだけですので大量生産に向いているのです。

金属製品の表面に行う処理の総称のことを、金属表面処理といいます。耐食性や耐熱性の向上、または美観をよくするために行います。