そもそも酸洗いとは?

酸洗いはサビなどを落としてくれる洗浄方法

酸洗いとは、金属製品を塩酸や硫酸など酸性の液体に漬ける事によって、金属製品の表面に付着しているサビなどを除去するための洗浄方法です。この作業には素材を本来のきれいな姿にしたり、研磨作業の時間が短縮できるといったメリットがあります。もしこの作業を行わない場合、例えばチタンであれば、酸洗いをしてから研磨作業を行わないと良い光沢は生まれません。そのため酸洗いは金属の表面を加工する際には必要不可欠な作業と言えるでしょう。また、酸洗いは基本的には酸性の液体に漬けるだけなので人件費といった費用はあまりかからず、設備も簡易的なもので済む所も魅力です。そのため、酸洗いをした金属製品はとても経時的な洗浄方法とも言われています。

酸洗いをする際の注意点

一方、酸洗いを行う場合は、注意しておくべき点いくつかあります。ひとつは金属の種類に応じて使用する酸を選んだり、温度や濃度などを正しく設定する必要があることです。もしこれらを怠ってしまうと酸洗いによる効果が表れず、逆に金属の表面が溶ける恐れがあります。 またもうひとつの注意点は酸洗い後の排水処理をしっかり行うという事です。酸洗いをした後の排水の中には危険物質も含まれているため、何も処理せずに下水に流してしまうと環境に影響を及ぼしてしまう可能性があります。酸洗いは適切な技術や知識が必要になってくるので、この作業を行いたい場合は、専門家に依頼するのが良いでしょう。さらに、酸洗い後の金属製品は腐食しやすいため、サビになりやすい金属製品はすぐに防錆処理を行う事をおすすめします。

塗装剥離は自分で行う事もできますが業者に依頼する方法もあります。塗装に使われている素材によって剥離方法は異なります。